レトルトカレー

レトルトカレー

レトルトカレー

このページは「千差万別なカレーの楽しみ方 」の情報コンテンツです。
レトルトカレー > 千差万別なカレーの楽しみ方

豆知識

千差万別なカレーの楽しみ方

いまや国民食となったカレー。カレーにはさまざまなバリエーションがあります。しかし、実はインドには「カレー」という料理はないそうです。香辛料を多用したいろいろな料理は、私たちからみれば、すべてカレーのように見えますが、それぞれ固有の名前がついています。つまり、それほど、カレーの楽しみ方は多種多様なのです。

肉は何を入れるか

みなさんは、カレーの何の肉を入れるでしょうか。カレー好きにとっては、かなり重要な要素です。牛肉、豚肉、鶏肉が三大具材でしょうか。日本では、ビーフカレーがポピュラーですが、本場インドでは、チキンカレーがメインです。ヒンドゥー教では牛は崇拝の対象なので、牛を食べる習慣がないのです。

肉ではなく、魚介をメインの具材とする家庭もありますね。イカやホタテなどの魚介類もカレーに大変合います。また、ヘルシー志向の方は、肉や魚介を入れず、野菜のみの野菜カレーを好まれる方もいます。インドでも野菜のみのカレーは多いようです。

カレーを何につけて食べるか

日本では、カレーライスと呼ばれるように白米にカレーをかけて食べるのが一般的です。それ以外の食べ方として、日本で作られるジャポニカ米ではなくて、少し粒の長いインディカ米で食べるのも、インドっぽくて雰囲気が出ます。香辛料のサフランなどを入れて炊いたサフランライスも、独特な香りが本格的なカレーとよく合います。また、タンドゥールと呼ばれる窯の内壁に貼り付けて焼いたナンで食べるカレーも格別です。

さまざまな具材

カレーに入れる具材として人気が高いのは、じゃがいも、にんじん、たまねぎです。たまねぎはみじん切りにしてしっかり炒めて、ペースト状でして利用される方も多いと思います。この3種類に肉を入れるのが定番でしょう。しかし、レトルトカレーで最近はやっているのが、ご当地の名産を具材に使ったご当地カレーです。広島なら牡蠣、三重なら松阪牛、沖縄ならゴーヤなど、その地域ならではの具材を使ったカレーが町おこしとしても利用されています。

カレーを使った様々な料理

カレーとしてではなく、その他の食材と結びつくことで、新たな食品ともなっています。例えば、カレーうどん、カレーパン、ドライカレーなど、カレーと結びつくことで、まったく新しい食べ物として人気となり、定着しています。カレーの持つ柔軟性、懐の深さを感じます。

レトルトカレー 激安通販
ExecutionTime: 54 msec / Memory: 7.6 MB