レトルトカレー

レトルトカレー

レトルトカレー

このページは「多種多様なレトルトカレー 」の情報コンテンツです。
レトルトカレー > 多種多様なレトルトカレー

豆知識

多種多様なレトルトカレー

カレーは日本食と言っても違和感がないほど私たちの生活に溶け込んでいます。その流れに大きな影響を与えたのはレトルトカレーです。レトルトカレーによって、よりカレーは身近なものになりました。

カレー大国日本

日本のカレー消費量は、インドについて第2位と言われています。カレーは、インド料理というよりも、日本独自の進化を遂げていると言ってもいいくらい、日本の食文化として定着しています。日本のカレー市場は、純カレー(カレー粉)、即席カレー(ルウ)、レトルトカレー、缶詰カレーに分かれ、年間の出荷額は1,500億円近くになるそうです。そのなかでも、5割が即席カレー、レトルトカレーも4割近くのシェアを占めます。より簡単に、手軽にカレーを食べたいという消費者が多いことがよくわかります。

レトルトカレーのいろいろ

1968年に、大塚食品から発売されたボンカレーがレトルトカレーのはじまりです。その後他社も次々と参入してきます。ハウス食品はククレカレーが大ヒットし、エスビー食品は子供向けのカレーの王子さまが大成功します。この3社が、レトルトカレー市場の8割を占めていますが、レトルトカレーを販売している企業は、大手だけでなく中小企業もたくさん参入しており、数千種類のレトルトカレーが販売されています。

日本全国津々浦々、各地の名産品や郷土料理を使ってカレーにしたご当地カレー。有名なカレー専門店やレストランがお店の味をレトルトで再現したものもとても人気でたくさん開発されています。エスビー食品は子供向けのカレーの王子さまで成功しましたが、日本が世界に誇るアニメや仮面ライダー、ウルトラマンといった特撮ものとタイアップしたレトルトカレーも数多くあります。子供を対象としているため、甘口の商品が多いです。その他、吉本新喜劇やプロ野球、Jリーグといった各種団体と提携して制作された企画もののレトルトカレーなど、本当にその種類は豊富です。これからもどんどん増え続けていくでしょう。

レトルトカレー 激安通販
ExecutionTime: 70 msec / Memory: 7.6 MB