レトルトカレー

レトルトカレー

レトルトカレー

このページは「レトルト食品の種類 」の情報コンテンツです。
レトルトカレー > レトルト食品の種類

豆知識

レトルト食品の種類

レトルト食品は、包装の形態から分類され、レトルトパウチ食品、レトルト容器食品、レトルトパック食品の3つのグループに分けられます。

レトルトパウチ食品

製品の包装が、四方をシールされたパウチ状で、透明パウチとアルミ箔パウチの2種類があります。このレトルトパウチ食品は、製品の種類や生産量も多くて、レトルト食品の主流を占めています。

調理済食品

カレー類(ビーフ、チキン、ハヤシビーフ)、シチュー(クリーム、コーン、トマト)、スープ(コーン、ポタージュ、チキン、野菜)、麻婆豆腐、すきやき、おでん

食品加工品

ハンバーグ、ミートボール、焼き豚、ホルモン焼、コーンビーフ、スライスハム、ソーセージ

水産加工品

ウナギの蒲焼き、サンマの蒲焼き、サバの味噌煮、かまぼこ

米飯デンプン食品

白飯、赤飯、五目飯、チキンライス、スパゲティ

その他食品

ぜんざい、デザート食品(ババロア、プリン)

レトルト容器食品

レトルト容器食品は、食品をトレー状の容器に詰めて、ふたをシールしてから、レトルト殺菌したものです。透明トレーに入ったものとアルミ箔トレーに入ったものがあります。容器を必要とする食品や液状の食品に利用されます。

調理済食品

シチュー、カレー、ミートソース、おでん、スープ類

食肉加工品

ハンバーグ、ブロックハム、ブロックソーセージ

水産加工品

かまぼこ、イワシ・サバの味噌煮、貝料理

液状食品

コーヒー用ミルク、練乳、豆乳

米飯類

ピラフ、カニめし、チャーハン

その他食品

豆腐、ぜんざい、プリン

レトルトパック食品

一方の端をアルミワイヤーでクリップされた包装材料の中に食品を詰めた後、網一方の端を同じくアルミワイヤーでクリップして、レトルト殺菌した食品を、レトルトパック食品といいます。このレトルトパック食品は、魚肉ハム・ソーセージ、かまぼこ、畜肉ハム・ソーセージに主に利用されるものです。

レトルト食品の表示

食品の安全性が重視されるにつれて、消費者はレトルト食品を購入する際に表示を見て買う傾向が強まっています。レトルト食品では、消費者保護法、食品衛生法、品質表示基準(JAS法)、景表法(不当景品類及び不当表示防止法)、計量法、栄養改善法、薬事法の7つもの法律によって、その表示について定められています。包装に記載されているものは、一括表示、その他の表示、禁止表示です。一括表示として、品名、殺菌方法、内容量、賞味期限、保存方法。その他の表示として、レトルトパウチ食品である旨、調理方法、何人前などが記載されています。

レトルトカレー 激安通販
ExecutionTime: 71 msec / Memory: 7.6 MB